MKAP - PT. Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk

Rp 462

+10 (+2,00%)

【ジャカルタ】PT Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk (MKAP)の株式はインドネシア証券取引所(IDX)で新規株式公開を行って以来、二日目2024年2月13日に、トップゲイナーに立ち留まった。株価は取引中、34.19%伸びた。

本日2024年2月15日にIDNFinancialsにより収集されたデータによれば、MKAPの株価は一株当たりIDR 208を記録され、一株当たりIDR 155の前日に比べ、一株当たりIDR 53上がった。低値は一株当たりIDR 155を、高値は一株当たりIDR 208を記録された。

取引中、MKAPの売買高は4億9581万株を、取引回数は38,113回を、取引額はIDR 96.22 billionを記録された。株式は以前、外国投資家により購入されないと違って、2024年2月13日に外国投資家により大量に購入された。2024年2月13日に、対外売は170万株を、対外買は287万株を記録された。

一方、PT Pioneerindo Gourmet International Tbk (PTSP)はPT Ancara Logistics Indonesia Tbk (ALII)を入れ替え、二位に立った。PTSPの株価は一株当たりIDR 1,500の前日に比べ、一株当たりIDR 1,790、19.33%上がった。高値は一株当たりIDR 1,875を、低値は一株当たりIDR 1,500を記録された。

PTSPの売買高は647,700株を、取引回数は392回を、取引額はIDR 1.16 billionを記録された。5,900株の対外売と151,900株の対外買を示されたように、株式を売却する投資家より株式を購入する投資家の方が多かった。 (NR/LK/ZH)