GGRM - PT. Gudang Garam Tbk

Rp 19.100

+50 (+0%)

【ジャカルタ】インドネシアの最大タバコメーカーの一つ、PT Gudang Garam Tbk (GGRM)はケディリ−トゥルンガグン有料道路の有料道路事業ユニットとしてPT Surya Sapta Agung Tol (SSAT)と言う新子会社を設立した。

GGRMがSSATは2024年2月12日に発行された決定通り、法務人権大臣に承認を貰ったと語った。SSATは350万株を含み、IDR 3.5 trillionの公称資本で設立された。

SSATの発行・払込資本は200万株を含み、IDR 2 trillionに及ぶ。その子会社の設立において、GGRMはSSATの1,999,999株を取得し、IDR 1.99 trillionに等しい。一方、IDR 1 millionの価値を持つSSATの残り1株はPT Suryaduta Investamaにより取得される。

情報上、PT Suryaduta InvestamaはGGRMの支配株主である。GGRMにおけるSuryaduta Investamaの所有権は13.3億株又は69.29%を記録された。

「SSATを設立する目的は有料道路事業ユニットとして事業活動を行う為です。」とGGRMの経営陣は公式声明を通じて、述べた。

IDNFinancialsのデータによると、ケディリ−トゥルンガグン有料道路は50年間の利権を持っている。この有料道路は2024年第2四半期に運営され始める予定である。

2023年9月30日現在、GGRMはIDR 4.23 trillionの現金及び現金同等物を記録した。総資産はIDR 86.67 trillionを、純資産合計はIDR 60 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)