TOBA - PT. TBS Energi Utama Tbk

Rp 258

-8 (-3,01%)

【ジャカルタ】PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)とPT PLN Nusantara Power (PLN NP)は46 MWpのテンベシ浮動太陽光発電に関してPLN Batamとの電力売買契約を締結する。

2024年2月15日(木)に引用された情報開示において、TOBAの取締役、Mufti Utomo氏が両社は合弁会社を設立した後、その契約期間は25年間以内に行なわれると語った。

「PLN NPと子会社を通じて、当社は合弁会社を設立した際、電力売買契約は有効となります。そして、その契約に当社の全ての権利や義務を合弁会社に譲渡されます。」とUtomo氏は述べた。

TOBAとPLN NP間の契約は2024年2月12日に締結された。それは当社の運営と持続可能な事業に貢献できるように、期待される。

その手段は20230年に炭素中立目標を達成する事に貢献する。「長期的に、その契約は当社の財政状態をさらに強化していきます。」とUtomo氏は付け加えた。

2023年第3四半期に、TOBAはUSD 370.4 millionの収益とUSD 52.4 millionの粗利益を記録した。石炭セグメントはUSD 321 millionを最大に貢献した。そして、電気セグメントはUSD 44 millionを、その他セグメントはUSD 5 millionを貢献した。

石炭市場は24%を貢献した国内市場により支配された。そして、台湾は19%を、フィリピンは18%を、中国は16%を、インドは12%を、タイは4%を貢献した。 (NR/LK/ZH)