MCAS - PT. M Cash Integrasi Tbk

Rp 865

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】クリーンエネルギーに従事されるPT M Cash Integrasi Tbk (MCAS)の子会社、PT Volta Indonesia Semestaは2024年末に18,000台、約64%伸びる電動二輪車売上を目指している。

MCASのインベスターリレーションズ所長グループ、Stanley Tjiandra氏が2023年末まで、Voltaの電動二輪車売上は11,000台に及んだと語った。「今年の目標は保守的に約18,000台です。最良のシナリオは30,000台です。」とStanley氏は述べた。

今年、Voltaは3種類の電動二輪車新型を発売する予定です。「Cyrus」と言う最新型の一台は次の2ヶ月に発売される準備ができている。

「少なくとも、我々は3種類の新型を発売します。IIMS(インドネシア国際モーターショー)で展示される種類は2種類のみです。将来に発売されるもう一台があります。今年中旬、そのもう一台の種類を発売する積もりです。中上流階級セグメントに入ろうと思っております。」とVoltaグループの最高経営責任者、Okie Octavia Kurniawan氏は本日2024年2月20日にMCASのメディアの集まりの間に述べた。

「我々はIDR 20 million以上の価値を持つ二輪車を発売する予定です。しかし、政府の補助金によって、それはIDR 20 million以下に及べるように、期待されます。」とOkie氏は付け加えた。

今まで、IDR 15 million〜IDR 20 millionのVoltaの製品価格は中流を対象とする。IDR 7 millionの政府の電動二輪車の補助金によって、それはIDR 10 million以下に及べる。

Okie氏によると、電動二輪車の利用はジャボデタベックの配車サービス運転手により支配されているそうである。Voltaはジャワ島以外に展開する事を目指す。情報上、Voltaは電動二輪車販売だけではなく、電池交換ステーションや二輪車サービスセグメントと言う電動二輪車レンタルサービスの設備を含め、電動二輪車の生態系の統合ソリューションをも提供している。

「近い将来、我々はバリ島、東ジャワ州と中部ジャワ州であれを立ち上げます。来月、バリ島で二輪車サービス又は電動二輪車レンタルサービスを立ち上げる積もりです。」とOkie氏はさらに述べた。 (NR/ZH)