BNGA - PT. Bank CIMB Niaga Tbk

Rp 1.990

-30 (-1,49%)

【ジャカルタ】インドネシアに第3最高の時価総額を持つ私立銀行、PT Bank CIMB Niaga Tbk (BNGA)は2023年にIDR 6.55 trillion、前年比、28.5%伸びた純利益を記録した。

PT Bank CIMB Niaga Tbk (BNGA)の取締役社長、Lani Darmawan氏がその実績は回復力、敏速さ、顧客指向アプローチを維持する当社の整合性を反映すると語った。「将来、我々は様々で発展していく顧客のニーズに応じる為、最善かつ適切な金融ソリューションを提供し続けていきます。」とLani氏は本日2024年2月21日にIDNFinancialsに述べた。

Lani氏が2023年にBNGAの利益性は増えた資産質も支援されたとも語った。それは2.8%の2022年12月に比べ、2023年12月に2%僅かに低下した総不良債権を示された。

なお、BNGAは2023年にIDR 235.9 trillion、前年比、3.8%伸びた第三者資金をも記録した。一方、2023年に流通された信用はIDR 213.4 trillion、前年比、8.5%伸びた。

この良好な業績は2023年中、資本構成と流動性を堅固に留まらせた。2023年に、自己資本比率は24%に、預貸率は89.3%に及んだ。

2023年に、CIMB Niagaの経営されるシャリーアビジネスユニット、CIMB Niaga SyariahはIDR 55.2 trillionの融資を流通した。この数字は前年比、17%伸びた。一方、記録された第三者資金はIDR 44.9 trillion、前年比、13.7%伸びた。 (NR/KR/ZH)