TLKM - PT. Telkom Indonesia (Persero) Tbk

Rp 3.220

-10 (-0,31%)

【ジャカルタ】PT Telkom Indonesia (Persero) Tbk (TLKM)は2024年2月21日(水)に打ち上げられた衛星メラ・プティ2を開発する為、PT Telkom Satelit Indonesia (Telkomsat)と言う子会社の一つを通じて、IDR 3.5 trillionを注ぎ込んだ。

その衛星は11番目の衛星で、ブロードバンド衛星としても知られる高スループット衛星技術を使用するTelkomグループの初衛星でもある。「衛星はファルコン9ロケットで打ち上げられ、東経113度の軌道スロットを埋めることになります。」とTLKMのPOHインベスターリレーションズ副社長、Dewi Simatupang氏は公式声明を通じて、述べた。

一方、TLKMの取締役社長、Lukman Hakim氏が2021年末以降、開発されたその衛星はバックホールとして使用されると語った。現在、その衛星の利用者になる多くのオペレーターがある。

「時間が決まったら、我々は近い将来に我々と契約を結びたい者に関してメディアに発表します。」とHakim氏は2024年2月22日(木)に記者会見で述べた。

衛星メラ・プティ2は2024年4月に運航され始めると推定される。それは外国の衛星に対するインドネシアの依存を減らせるように、期待される。

IDNFinancialsのデータによると、Telkomsatは1996年以降、運営されているTLKMの事業体である。Telkomsatの全株はTLKMにより直接的に支配される。2023年9月30日現在、Telkomsatの除却前総資産はIDR 7.45 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)