TLKM - PT. Telkom Indonesia (Persero) Tbk

Rp 3.210

-10 (-0,31%)

【ジャカルタ】PT Asuransi Jasa Indonesia (Jasindo)は全保証される衛星メラ・プティ2のIDR 3.5 trillionの投資額を述べた。

「保険額はそのぐらいかと。」とJasindoの会社秘書役、Brellian Gema Widayana氏は本日2024年2月23日に述べた。

JasindoはTelkomsatの衛星メラ・プティ2リスク保護に関してTelkom Indonesiaのリスク管理相方となる。保証されるリスクは打ち上げと軌道上のリスクを含める。

別の機会に、PT Telkom Satelit Indonesia (Telkomsat)の取締役社長、Lukman Hakim Abd. Rauf氏が地球局の建設の為、費やされた投資全額はIDR 3.5 trillionに及んだと語った。その衛星は2021年末以降、建てられた。

「最も大幅な顧客はVSATオペレーターです。よって、今まで、我々は顧客になりたいと言ってくださったVSATオペレーターがかなり多いです。時が来れば、メディアに発表され、近い将来に契約を結んでくださる五つ名があります。」とAbd. Rauf氏は2024年2月21日(水)に米国、ケープカナベラルから打ち上げ後、付け加えた。

Abd. Rauf氏によると、ブロードバンドを支援する高スループット衛星技術で備えられるその衛星の最大機会は特に、汀線から15キロメートル以内に、海洋にいる電気通信の利用者だそうである。Telkomsatは設置される光ファイバーネットワークと無線インターネットでサービスを不経済的に提供されるインドネシアの国境線や鉱区の利用者を取得する事をも目指す。

Abd. Rauf氏が衛星メラ・プティ2は2024年3月3日に軌道に入る予定だと語った。そして、ソーラーパネルと接続地球局システムの設置が行なわれる。

TLKMの取締役社長、Ririek Adriansyah氏がその衛星は3番目の操作ユニットとなると語った。2既存の衛星と違って、衛星メラ・プティ2はブロードバンドに注力される。

「これはTelkomが所有される11番目の衛星です。しかし、それは海洋を含め、孤立した地域、インドネシアのブロードバンド接続性を強化するブロードバンドを使用する初衛星です。」とAdriansyah氏は付け加えた。

東経113度の軌道スロットを埋める衛星メラ・プティ2はカリマンタンの空の上に位置される。それは地球の3分の1の範囲を持っているが、Telkomはインドネシアの全地を届く事に注力されると語った。

Adriansyah氏が当社は最初にTelkomsatの事業発展を見守ると語った。この一歩は将来に別の衛星を開発すると決める前、行なわれる必要がある。

情報上、同時に、Telkomsatは衛星メラ・プティ2Bを打上げる衛星オペレーターとの契約をも締結する。他国により認可されるその衛星の全ての容量はTelkomsatにより管理される。衛星メラ・プティ2Bの管理容量を相方に提供すると述べたAdriansyah氏はTelkomsatが取得される可能性がある事業価値を含め、衛星の容量に関して詳しく明らかにしなかった。 (NR/PP/ZH)