TUGU - PT. Asuransi Tugu Pratama Indonesia Tbk

Rp 1.105

-5 (-0,45%)

【ジャカルタ】PT Asuransi Tugu Pratama Indonesia Tbk (TUGU)の包括的利益は2023年12月(未監査)にIDR 1.29 trillion、前年比、200%以上伸びた。

未監査財務報告書によれば、TUGUの包括的利益はIDR 386.28 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 386.28 billion、前年比、234.45%伸びた。

TUGUの取締役社長、Tatang Nurhidayat氏が2023年12月末の未監査報告書によれば、TUGUはIDR 746.99 billionの引受収益を記録すると予測されると語った。

「我々は2023年第3四半期にIDR 524.82 billionに及び、その前年同期に比べ、6%伸びた引受収益がよかったです。なお、2023年12月の最終報告書によれば、それはIDR 746.99 billionに及ぶと推定されます。」とNurhidayat氏は2024年2月23日(金)に引用されたように、述べた。

一方、TUGUが発行された2023年第3四半期報告書を見た後、TUGUの引受収益はIDR 736.05 billionの2022年12月に比べ、2023年12月に増加した。

Nurhidayat氏によると、Tugu Insuranceは損害保険商品やサービスを提供することによって42年間、国家的保険産業に存在しているそうである。それは様々なリスクプロファイルを慎重に見分け、分析し、分類する過程を維持し、慎重な引受の持続可能を実行する事を確かめる当社の言質の証となる。

増えた利益はIDR 562.5 billionに増加した営業利益が支援された。そして、その他セグメントはIDR 1 trillionを貢献した。その他セグメントは香港会社の訴訟に関してCitibankに貰った支払いを含める。民事訴訟はCACV「2018/548」号の控訴、「2022/11」号(民事)最終控訴の事件を参酌する。

一方、同じ財務報告書によれば、総保険料は2023年にIDR 4.7 trillionを記録され、IDR 3.76 trillionの2022年に比べ、前年比、24.7%伸びた。

負債合計はIDR 7.7 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 9.03 trillion、前年比、16.5%も伸びた。そして、純資産合計は2023年にIDR 6.6 trillionを記録され、IDR 5.6 trillionの2022年12月31日に比べ、前年比、18.9%伸びた。

2023年12月31日現在、総資産はIDR 15.7 trillionを記録され、IDR 13.3 trillionの2022年同期に比べ、前年比、17.5%も伸びた。詳細的に、投資資産はIDR 5.7 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 7.5 trillion、前年比、31.5%伸びた。一方、非投資資産は2023年にIDR 8.1 trillionを記録され、IDR 7.6 trillionの2022年に比べ、前年比、7.02%伸びた。

リスクベース資本に関して、TUGUは2023年12月31日に570.12%の可溶率を記録した。リスクベース資本率は470.02%の2022年に比べ、大幅に伸びた。この数字は金融庁(OJK)が設定された保険会社の120%の最低リスクベース資本率必要条件以上である。 (NR/PP/ZH)