GOTO - PT. GoTo Gojek Tokopedia Tbk

Rp 50

+1 (+2,04%)

【ジャカルタ】2023年末以降、世間の注目の話題となった後、PT GOTO Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)は遂に、中国の大手動画プラットフォーム、TiktokによりTokopediaの取得に関して公式声明を述べた。

TiktokはUSD 1.84 billionの価値を持つTokopediaの38,198,745新株又は75.01%株を正式に取得したと報告された。この価値はUSD 840 millionの新株の価値とUSD 1 billionの借用証書を含む。

取引前、Tokopediaの100%株はUSD 606 million又はIDR 9.4 trillionに及んだ。全株は12,726,215株に及び、株価は一株当たりIDR 739.3を記録される。

情報上、Tiktokにより購入されたTokopediaの株価は一株当たりIDR 747,87に及び、市価より1.14%上がった。

本日2024年2月28日に付帯公開暴露によれば、現在、GOTOはTokopediaの24.99%株のみを所有している。GOTOの取締役社長、Patrick Walujo氏によると、この非連結化によって、当社は最早Tokopediaに資金や資本を注ぎ込む必要はないそうである。

Walujo氏がGOTOは費用を節約できるだけではなく、電子商取引サービス料金の形でTokopediaに経常収益をも貰うことができるとも語った。

「GOTOはTiktokと統合された後、Tokopediaの逓減範囲と総商品売買価値(GMV)の料金の百分率から割り出され、四半期毎に電子商取引サービス料金を貰います。」とGOTOの金融担当重役、Jacky Lo氏は同じ機会に説明した。

2023年第3四半期まで、Tokopediaの総商品売買価値(GMV)はUSD 2.9 billionに及ぶと予想された。したがって、GOTOの貰う電子商取引サービス料金は四半期毎にUSD 11.4 millionに及ぶ可能性がある。「この電子商取引サービス料金はTokopediaの成長と共に増えるでしょう。」とLo氏は付け加えた。

Walujo氏が四半期毎の経常収益によって、GOTOはオンデマンドサービスセグメントを展開する事に注力できるとさらに語った。

GOTOのオンデマンドサービス担当重役、Catherine Hindra Sutjahyo氏によると、オンデマンドサービス事業はGOTOが取引所で新規株式公開を行って以来、初、2023年第4四半期にGOTOに楽観的な調整の金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)を記録する手助けになったそうである。

しかし、2024年1月末にGOTOの情報開示によれば、善意反転が引き起こされた非連結化の為、IDR 80.3 trillionの追加損失を記録される。

「しかし、それは只の報告会計基準です。それはキャッシュフローに影響を与えなく、当社の運営上業績を反映しません。」とGOTOの会社秘書役、R. A. Koesoemohadiani氏は公共を安心させた為、述べた。

情報上、TiktokとTokopediaの統合進歩はほぼ完了すると報告される。「TiktokとTokopediaの提携は1.5ヶ月以内に運営される準備ができております。」とWalujo氏は述べた。

政府規制に応じる為、Tiktokは商品プロモーションを行う役割のみを持っている一方で、取引手続きはTokopediaの電子システム(バックエンド)により扱われる。 (NR/ZH)