PGEO - PT. Pertamina Geothermal Energy Tbk

Rp 1.225

+35 (+3,00%)

【ジャカルタ】地熱エネルギー産業に従事されるペルタミナグループの子会社、PT Pertamina Geothermal Energy Tbk (PGEO)は2023年末にUSD 163.57 million、前年比、28%伸びた利益を記録した。

PGEOの2023年財務報告書によれば、PGEOは2023年12月末、USD 406.29 millionの収益を記録し、USD 386.07 millionの2022年に比べ、前年比、5%のみ伸びた。

売上高はUSD 313.23 million又は71%を貢献したPT PLN (Persero)への蒸気と電気売上が支援された。そして、残りはUSD 73.27 millionを貢献したPLNの子会社、PT Indonesia Powerへの売上によるものであった。

減った一般管理費や増えた金融収益とその他収益は営業利益をUSD 209.58 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 265.18 million、前年比、26%に増加させた。

2023年末まで、PGEOの運営される作業地域の設置容量は672.5メガワット(MW)に及んだ。一方、共同運営契約により運営される作業地域の設置容量は1,205メガワット(MW)に及んだ。

一方、PGEOの取締役社長、Julfi Hadi氏によると、2024年2月に開催されたPGEOの臨時株主総会で当社の生産能力は2023年9月現在、2,586 GW、前年比、4.3%伸びたそうである。

「この増加はウルブル地域の配管プロジェクトの完了や当社の作業地域の複数の発電所の計画されるメンテナンス活動の加速が支援されました。」とHadi氏は同じ機会にさらに述べた。 (NR/ZH)