PALM - PT Provident Investasi Bersama Tbk

Rp 396

-12 (-2,94%)

【ジャカルタ】PT Provident Investasi Bersama Tbk (PALM)は86.5億株を発行することによって、新株引受権増資又は株主割当発行を行う。

発行される株数はPALMの全発行・払込資本の55.01%に等しい。それらは一株当たりIDR 15の額面を持っており、一株当たりIDR 418の売出価格で発行される。この価格で、PALMは株主割当発行を通じて、IDR 3.62 trillionの新規資金を目指す。

使用される株主割当発行の比率は301︰368である。この比率で、301株を持っている各株主は368新株引受権を得て、1新株引受権当たりは1新株を取得する権利を得る。

現在、PALMの支配株主、PT Provident Capital Indonesia (PCI)は45.80%の権利を取得する。そして、PALMの企業行動のスタンバイバイヤーとしても働く。

株主割当発行の記録日は2024年3月18日に予定される。新株引受権の流通は2024年3月19日に、インドネシア証券取引所(IDX)に新株を上場される日付は2024年3月20日に行なわれる。

発行された趣意書において、PALMはPT Alam Permaiの資本投資として株主割当発行の収益のIDR 3.61 trillionを割当てる。この資本投資はPT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の取得に関して複数の債権者へのPT Alam Permaiの全てローンを返済する為、使途される。 (NR/KR/ZH)