ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 1.230

+15 (+1,24%)

【ジャカルタ】MIND IDの会員として記録される鉱業会社、PT Aneka Tambang Tbk (ANTM)は2024年に商品の生産能力と売買高の目標を述べる。取り扱われる主要商品はフェロニッケル、ニッケル鉱石、金、ボーキサイトを含める。

本日2024年3月5日にプレスリリースによれば、Antamはフェロニッケル生産能力を前年比、5%に、そのニッケル売買高を前年比、12%、22,464トンフェロニッケルニッケル(TNi)に適度に増やす事を目指している。

「生産能力と売買高の目標は世界的市場や市況のフェロニッケル生産吸収の見通しや最適な利用率や南東スラウェシ、コラカのAntamフェロニッケル工場の運営上安定を考慮します。」とANTMの会社秘書役、Syarif Faisal Alkadrie氏は説明した。

一方、Antamはニッケル鉱石の生産能力を前年比、53%、2058万ウエットメトリックトン(wmt)に増やし、その売買高を前年比、60%、1875万ウエットメトリックトン(wmt)に増やせると楽観的である。

そして、Antamはボーキサイト鉱石の生産能力を前年比、72%、347万ウエットメトリックトン(wmt)に、その売買高を前年比、103%、305万ウエットメトリックトン(wmt)に増やす事を目指す。「2023年にボーキサイト鉱石の輸出禁止につれて、当社は国内市場でボーキサイト鉱石売買高を開発する事に注力します。」とAlkadrie氏は付け加えた。

最後に、Antamは2024年に金売買高を前年比、43%、37,354キロに増やす事を目指す一方で、その生産能力を958キロに減らす事を目指す。2023年に、金生産能力(未監査)は1,208キロに及んだ。

Antamの公式ウェブサイトによれば、西ジャワ州のポンコール、バンテン州のチバリウンのAntamの金鉱石鉱山は採鉱後の段階に入っている。 (NR/ZH)