BNLI - PT. Bank Permata Tbk

Rp 905

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】2023年に微増したローン流通を記録した後、PT Bank Permata Tbk (BNLI)は2024年に7%〜9%伸びるローン流通を目指す。

本日2024年3月7日にPermataBankの公開暴露によれば、BNLIは2023年12月末にIDR 142.2 trillion、前年比、4.3%伸びたローン流通を記録した。その目標によって、今年末にローン流通は最大IDR 155 trillionに及ぶと予想する。

法人・商業のローン流通はIDR 92.7 trillion、前年比、4.3%伸びた。そして、消費・中小企業のローン流通はIDR 48.6 trillion、前年比、4.8%も伸びた。

BNLIの金融担当重役、Rudy Basyir Ahmad氏によると、PermataBankは商業と中小企業セグメントのローン流通を強化する事に注力するそうである。「両方のセグメントは将来に当社のローン流通の成長源となるでしょう。」とAhmad氏は述べた。

5%以上に留まる連邦準備制度の高い金利基準と6%に及ぶBank Indonesiaの金利基準の最中に、PermataBankは国内の金利と経済状態は2024年下期に向上すると楽観的のようである。

「金利競争は銀行にとって実に最大の課題の一つです。」とAhmad氏は付け加えた。PermataBankとペルマータ経済研究所(PIER)のエコノミスト所長、Josua Parded氏によると、Bank Indonesiaは2024年下期にBI金利基準を5.50%に減らすと推定されるそうである。

「2024年下期に金利が下がると言う予想によって、我々は収益に有料所得を増やそうとしております。」とPermataBankの取締役社長、Meliza M. Rusli氏は付け加えた。 (NR/ZH)