DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 500

-10 (-1,96%)

【ジャカルタ】PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)は2023年中、USD 36 millionの純利益を記録し、2022年に比べ、前年比、26%伸びた。

DOIDの取締役、Dian Andyasuri氏が増えた純利益は行なわれた戦略変換と事業多様化が支援された。それは低炭素経済に移行する遷移でもあると語った。

「現在、我々は下がる石炭熱の需要に適応しております。鋼生産の重要な資材となり続ける原科炭の高い需要を利用します。」とDian氏は公式声明を通じて、述べた。

情報上、現在、原科炭は収益に19%を貢献した。この数字は2028年に石炭熱の依存を50%に減らす為、増やされ続ける。

IDNFinancialsのデータによると、DOIDの収益は2023年にUSD 1.8 billionを記録された。それは前年比、18%伸びた。

一方、2023年に設備投資の実現はUSD 121 millionに及んだ。それは複数のプロジェクトが予定通り、完成されたと予想された為、前年比、20%低下した。それは約USD 105 million〜USD 145 millionの設備投資を予算された2023会計年度の推定通りである。 (NR/KR/ZH)