TAPG - PT. Triputra Agro Persada Tbk

Rp 550

+5 (+0,91%)

【ジャカルタ】2005年に設立されたパーム油・ゴムメーカー、PT Triputra Agro Persada Tbk (TAPG)は子会社に貰ったIDR 150 billionの現金配当を発表した。

TAPGの会社秘書役、Joni Tieng氏が配当金はPT Union Sampoerna Triputra Persada (USTP)に貰ったものだと語った。情報上、USTPは50%所有権を持つTAPGが所有される合弁会社である。

「PT Union Sampoerna Triputra Persadaと園子会社に貰った配当金に関しては物的な影響はありません。」とTieng氏氏は情報開示を通じて、述べた。

IDNFinancialsのデータによると、2023年に、TAPGはIDR 13.87 trillionの総資産を記録した。一方、純資産合計はIDR 11.34 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)