WINE - PT. Hatten Bali Tbk

Rp 308

-6 (-2,00%)

【ジャカルタ】バリ島のワインメーカー、PT Hatten Bali Tbk (WINE)は2023年中、IDR 42.4 billionの純利益を記録した。

その数字はIDR 21.23 billionの2022年に比べ、99%伸びた。情報上、WINEは2023年1月に取引所の会員として上場された会社である。

年次財務報告書によれば、2023年に増えたWINEの純利益はIDR 253.67 billion、前年比、33.9%伸びた売上高が支援された。

その他収益は2023年にIDR 3.31 billionにも増加した。なお、WINEは金融費を前年比、34.7%に、その他経費を前年比、16.5%に減らせた。

IDNFinancialsにより収集されたデータによると、IDR 246.6 billionの売上高を貢献したワインセグメントは2023年に売上高の主要貢献者であった。一方、アラック(伝統的な酒)セグメントの売上高はIDR 19.16 billionを、その他製品セグメントはIDR 1.64 billionを記録された。

地理的に関して、IDR 22837 billionの売上高を貢献したバリ島は2023年に売上高の主要貢献者に留まった。一方、バリ島以外の売上高はIDR 25.19 billionのみを記録された。

2023年末に、総資産はIDR 384.45 billionを、純資産合計はIDR 266.78 billionを記録された。 (NR/KR/ZH)