SUNI - PT Sunindo Pratama Tbk

Rp 620

-10 (-2,00%)

【ジャカルタ】石油ガス産業に注力されるOCTGパイプライン生産者、PT Sunindo Pratama Tbk (SUNI)は2023年末にIDR 100.9 billion、前年比、38.6%伸びた純利益を記録した。

増えた純利益はIDR 762.4 billion、前年比、41.4%伸びた収益が支援された。増えた収益は153.000トン、前年比、10.3%伸びたOCTG売買高、117.000、前年比、304.7%三倍伸びたケーシング売買高通りであった。

SUNIの最高財務責任者、Freddy Soejandy氏が殆どの当社の売上高はOCTGの売上高の貢献によるものだったと語った。「今年、OCTGの百分率は91%に及び、昨年、それは80%に及びました。一方、坑口装置は今年、6.9%に及び、それは昨年、12%に及びました。」とSoejandy氏は本日2024年4月1日にSUNIの2023会計年度業績の記者会見で説明した。

2023年に良好な業績によって、SUNIは2024年にIDR 923 billionに予想され、21%伸びる収益を記録すると楽観的である。しかし、純利益はIDR 109 billion〜IDR 110 billion、10%未満伸びる事を目指される。

「我々は銀行貸付を持ち始める為、その増加はあまり高くないです。利益の一部は銀行利払いの為、削減されるかもしれません。よって、純利益は8.4%伸びると推定されます。」とSoejandy氏は付け加えた。

SUNIは生産能力を増やす為、バタムでOCTGを専門的に生産する子会社、PT Rainbow Tubulars Manufactue (RTM)の工場2を展開する為、準備していると知られる。「現在、当社の生産能力はほぼ限度、約25000トン〜30000トンに及びます。」とSoejandy氏は認めた。

取締役会の発表によれば、SUNIは2023年にIDR 327 billionの設備投資を割当てた。そして、今年、OCTG生産能力を増やす為、IDR 152.8 billionをRTMに流通する準備ができている。

「昨年、我々は2ヶ月、オーバーホールの為、15,000トンのみを生産しました。」とSUNIの取締役社長、Willy Chandra氏は述べた。「大型管の生産は30,000トンに及べる場合、今年、我々は25,000トンに及べます。」とChandra氏は述べ続けた。

インドネシアの唯一のOCTG管メーカーとして、SUNIは特に、2030年に100万バレルの政府の生産目標が左右され、将来的に大きな市場可能性があると認める。

「上流石油ガス事業活動特務タスクフォース(SKK Migas)のデータによれば、昨年より22%高く、約1,040油井探査の採油と開発があります。」と昨年、SUNIの最高執行責任者、Bambang Prihandono氏は述べ続けた。

SUNIはOCTGに注力するだけではなく、坑口装置とクリスマスツリーの供給をも確保する為、Jiangsu Jinshi Machinery Group (JMP)と共にSUNIの製品の国内原料の利用を増やす事に注力される合弁会社と言うPT Petro Synergy Manufacturing (PSM)を設立した。「我々はPSMが今年第4四半期に運営される準備ができている予定です。」とPrihandono氏は述べ続けた。 (NR/ZH/LM)