ASSA - PT. Adi Sarana Armada Tbk

Rp 775

-30 (-4,00%)

【ジャカルタ】AnterAja配送サービス業が伸び悩んだにも拘らず、運輸ソリューション提供者、PT Adi Sarana Armada Tbk (ASSA)は前年比、425%伸びた純利益を記録した。

本日2024年4月1日に引用されたプレスリリースによれば、ASSAの業績は企業レンタル、エンドトゥエンド物流、PT Autopedia Sukses Lestari, Tbk (ASLC)と言う子会社が経営される中古車売買プラットフォームと言う三つ事業柱が支援された。

2023年財務報告書によれば、ASSAの収益はIDR 5.9 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 4.4 trillion、前年比、24%低下した。有難い事に、収入費は2023年にIDR 3.3 trillion、前年比、31%も低下した。

IDR 3.15 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 1.4 trillionに低下した配送サービスに比べ、ASSAは企業レンタルを増やす事に注力しているようである。車両レンタル、自動プール、操舵手レンタルを含め、企業レンタルはIDR 1.8 trillion、前年比、7%伸びた収益を記録した。

しかし、増えたほぼ全ての事業の収益は2023年に減ったASSAの収益に堪えられなかった。有難い事に、販売費・一般管理費の効率はASSAの営業利益をも支援した。

結局、ASSAはIDR 3.7 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 19.4 billion、前年比、425%伸びた年間純利益を記録した。

「我々はミッドマイルビジネスの展開に注力し、Anterajaのラストマイルの効率、車両レンタルや中古車販売を含め、当社の各その他事業柱の成長によって、2023年により良かった利益性を記録できました。」とASSAの取締役社長、Prodjo Sunarjanto氏は結論付けた。 (NR/ZH/LM)