BELL - PT. Trisula Textile Industries Tbk

Rp 58

-1 (-1,70%)

【ジャカルタ】繊維工業が伸び悩む最中に、織元・貿易会社、PT Trisula Textile Industries Tbk (BELL)は2023年末にIDR 538.6 billion、前年比、17%伸びた売上高を記録した。

本日2024年4月2日に引用されたBELLの2023年財務報告書によれば、BELLの収益の最大の貢献者はIDR 486.3 billion、90.3%を貢献した国内第三者への販売であった。そして、第三者への輸出はIDR 26.65 billionを、国内関連当事者への販売はIDR 25.5 billionを貢献した。

増えた収益と経費や損失の効率は純利益をIDR 4.46 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 11.5 billion、前年比、157%に増加させた。

プレスリリースによれば、小売展開はBELLの財務業績を増加させた大きな役割をも働いた。BELLはPT Mido Indonesiaと言う子会社を通じて、2023年に「JOBB」と「Jack Nicklaus」の12新規店舗を開いた結果、「JOBB」店舗数は133を、「Jack Nicklaus」店舗数は46を記録されることになった。

「2024年に、当社はJOBBとJack Nicklausの新規小売店を10をオープンする事を目指します。」とBELLの経営陣は情報開示を通じて、述べた。

「昨年の成功と今年の展開計画は2024年にも売上成長を記録できると我々を積極的にさせます。」とBELLの取締役社長、Karsongno Wongso Djaja氏は述べた。 (NR/ZH)