ITMA - PT. Sumber Energi Andalan Tbk

Rp 900

-5 (0,55%)

【ジャカルタ】以前、Itama Ranorayaとして知られた鉱業エネルギー会社、PT Sumber Energi Andalan Tbk (ITMA)は1st Finansial Company Limited (FFCL)からPT Oksigen Natural Esa (ONE)の25%株を取得した。

その取引は2024年3月28日に買主としてPT Andalan Group Power (AGP)と売主としてFFCLにより締結されたONEの株式の譲渡保管証書通り、行なわれた。公的鑑定サービス事務所の報告によれば、取引額はIDR 4.6 billionに及ぶと予想される。

情報上、AGPは99%株を持っているITMAの子会社である。ITMAの経営陣がAGPとONEは同じ株主と経営陣構成の為、関係会社だと語った。

情報上、ITMAは総合鉱業インフラサービス提供者、PT Mitratama Perkasaの30%株を取得した。エネルギーの需要が増えることによって、ITMAは事業を発電所事業に展開する必要があると見なす。

現在、ONEは間接的にPT Citra Kusuma Perdana (CKP)を通じて、3石炭燃料蒸気機関発電所を所有し、運営している。3発電所は夫れ夫れ18メガワット容量を持っており、PT Kaltim Prima Coalとの長期契約を貰った。

「したがって、ITMAの連結財務報告書によれば、ITMAの純利益はPT Oksigen Natural Esaの純利益の追加の為、増えると予想されます。」とITMAの経営陣は公式声明を通じて、付け加えた。 (NR/KR/ZH)