CLEO - PT. Sariguna Primatirta Tbk

Rp 870

+85 (+6,37%)

【ジャカルタ】Tanobelグループが所有されるペットボトル入り飲料水メーカー、PT Sariguna Primatirta Tbk (CLEO)は2023年末にIDR 324.09 billion、前年比、66%伸びた純利益を記録した。

CLEOの2023年財務報告書によれば、2023年に大幅に増えた純利益はIDR 1.67 trillionの2022年に比べ、IDR 2.09 trillion、前年比、25%伸びた連結売上高が支援された。

「CLEOの成功はより効果的で効率的になるように、総合事業生態系が支援され、この数年間以内に二桁伸び続けました。」とCLEOの最高経営責任者、Melisa Patricia氏は本日2024年4月2日に情報開示を通じて、述べた。

情報上、CLEOの売上は2022年と同様、2023年に99%を貢献した第三者への売上高が支配された。ペットボトル入り飲料水の売上高はIDR 1.1 trillionを、非ペットボトル入り飲料水の売上高はIDR 944.07 billionを、その他セグメントはIDR 34.74 billionを貢献した。

インドネシアのペットボトル入り飲料水メーカーの中で最大の工場数を持つCLEOは現在、31工場を持っている。本日2024年4月2日に引用されたプレスリリースによれば、CLEOは2024年にジャワ島以外の新工場を展開する為、割当てられるIDR 450 billionの設備投資を用意していると報告された。

「それは(パル、ポンティアナック、プカンバル)の新工場数を増やし、既存の工場を展開し、生産能力と自動化を増やす機械を追加し、流通ネットワークを展開する為、使途されます。」とCLEOの経営陣は付け加えた。 (NR/ZH)