WIKA - PT. Wijaya Karya (Persero) Tbk

Rp 113

-8 (-6,61%)

【ジャカルタ】ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領はPT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)のIDR 6 trillionの追加国家資本参加計画を許可した。

実際に、WIKAの損失はIDR 59.59 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 7.12 trillion、1,106%膨らんだ。

WIKA向けのIDR 6 billionの国家資本参加に関して、ジョコウィ大統領は2024年3月28日に政府規制「15/2024」号を締結した。ジョコウィ大統領によると、その追加資本は国家的戦略プロジェクトを完了する事においてWIKAの資本構成と事業容積を向上する必要があるそうである。

情報上、国家資本参加はWIKAの新株引受権付き増資又は株主割当発行と同時に注ぎ込まれた。株主割当発行を通じて、WIKAはIDR 9.22 trillionの486.1億新株を発行した。

WIKAの追加国家資本参加はWIKAにおける政府の所有権を維持する。一方、株主割当発行に参加しないWIKAの他投資家の所有権は83.92%に希釈される可能性がある。

それに、WIKAの株主割当発行で新株の権利を行使すると宣言する唯一の投資家はインドネシア政府である。

公式開示によれば、WIKAは国家的戦略プロジェクトを完了する為、運転資本として株主割当発行の収益のIDR 6 trillionを割当てる。その残り収益は非国家的戦略プロジェクトを完了する為、運転資本として使途される。 (NR/KR/ZH)