INOV - PT. Inocycle Technology Group Tbk

Rp 78

-30 (-28,00%)

【ジャカルタ】PT Inocycle Technology Group Tbk (INOV)は収益を高める為、新事業を設立する計画である。2023年にIDR 27.55 billionの損失を記録し、IDR 36.39 billionの損失を記録された2022年に比べ、低下した。

INOVの取締役社長、Jae Hyuk Choi氏がその追加事業は将来に財政状態を強化する目的があると語った。「その計画は5月22日に年次株主総会で株主の許可を求める為、未だ、提案事項です。」とChoi氏は本日2024年4月5日に情報開示を通じて、述べた。

その総会では定款変更の許可を含め、事業変更に関する話合いもある。

2021年8月24日現在、定款を参酌し、INOVは不織布産業、ポリアミド、ポリエステル、ナイロン、ビスコース、アクリル、酢酸セルロースを含め、人工短繊維、事業活動を経営している。

株主はその提案を許可した後、INOVの新事業は非資材回収産業、枕製造、非木材・非籐の家具産業、繊維準備産業を含める。

2023年12月現在、INOVの売上高はIDR 600.21 billionを記録され、IDR 691.53 billionの2022年に比べ、前年比、13.20%低下した。最高の売上高の貢献はIDR 519.68 billionを貢献したジャワ島によるものであった。スマトラ島はIDR 47.51 billionを、スラウェシ島はIDR 33 billionを貢献した。 (NR/LK/ZH)