WIKA - PT. Wijaya Karya (Persero) Tbk

Rp 121

-6 (-5,00%)

【ジャカルタ】PT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)の子会社、PT WIKA Bitumenはデット・エクイティ・スワップを通じて、債務を株式に転換した結果、WIKAとPT Wijaya Karya Gedung Gedung Tbk (WEGE)の株所有権が変わった。

WIKAの会社秘書役、Mahendra Vijaya氏がWIKA BitumenにおけるWIKAの所有権通り、発行される株数はIDR 100 billionの価値を持つ100,000株に及ぶと語った。一方、WIKA BitumenにおけるWEGEの所有権通り、発行される株数はIDR 1.01 billionの価値を持つ1,010株に及ぶ。

デット・エクイティ・スワップを実行した後、WIKA BitumenにおけるWIKAの株所有権は99%の以前に比べ、現在、99.39%に増加した。一方、WIKA BitumenにおけるWEGEの株所有権は1%の以前に比べ、現在、0.61%に希釈された。

「この取引はWIKA Bitumenは財務業績を向上でき、楽観的に留まるように、純資産合計を維持できると考慮することによって行なわれました。」とVijaya氏は本日、インドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

idnfinancials.comのデータによると、WIKA Bitumenは2013年以降、アスファルト採鉱部門を運営している会社である。2023年9月30日現在、IDR 395.9 billionの総資産を持っている。 (NR/KR/LM)