ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 4.420

-40 (-1,00%)

【ジャカルタ】インドネシア自動車産業協会(GAIKINDO)のデータによれば、自動車の販売は2024年3月現在、前年比、26.21%低下した。PT Astra Internasional Tbk (ASII)の市場占有率は2023年3月に比べ、2024年3月に縮減した。

本日2024年4月17日に引用されたプレスリリースによれば、ASIIの会社通信所長、Boy Kelana Soebroto氏が国家的車販売数は2024年3月現在、74,724台に及び、70,698台の2024年2月に比べ、6%伸びたと語った。「2024年3月現在、アストラの車卸売は40,438台に、市場占有率は54%に及びました。」とSoebroto氏は述べた。

しかし、車販売数は101,272台を記録された2023年3月に 比べ、2024年3月に低下した。それらは52,687台(52.02%)に及んだアストラの車、48,585台(47.97%)に及んだ三菱、ホンダ、スズキ、ヒュンダイ、ウーリング、日産など他のメーカーの車を含める。

2024年2月現在、ASIIの車販売数は41,240台を、その市場占有率は58%を記録された。そして、他のメーカーの車販売数は29,458台を、その市場占有率は42%を記録された。一方、2023年2月現在、アストラの車販売数は46,564台を、その市場占有率は53%を記録された。そして、他のメーカーの車販売数は40,495台を、その市場占有率は47%を記録された。

「我々は国家的自動車の市場成長に貢献できるように、顧客の関心やニーズ、技術開発、適切な電化生態系の開発通り、様々な車両を提供することによって国内の自動車産業を支援します。」とSoebroto氏は説明した。

2024年3月現在、GAIKINDOは16,840台の低価格グリーンカー(LCGC)の販売数を記録し、市場占有率の72%はアストラにより支配された。2024年2月に、アストラの低価格グリーンカー(LCGC)の市場占有率は16,379台の74%を記録された。 (NR/LK/ZH)