PALM - PT Provident Investasi Bersama Tbk

Rp 408

+4 (+1,00%)

【ジャカルタ】以前、農産部門で経営された投資会社、PT Provident Investasi Bersama Tbk (PALM)はPT Alam Permai (AP)と言う子会社の一つの発行・払込資本をIDR 3.69 trillion増やした。

その資本注入はAPの発行・払込資本をIDR 11.3 billionの以前から現在、IDR 3.7 trillionに増やした。同時に、APの公称資本はIDR 11.3 billionの以前から現在、IDR 3.7 trillionにも増加した。

資本注入はAPにおけるPALMの株式所有権を99.99997%に微増させた。

PALMの経営陣が資本注入は投資ポートフォリオを発展する当社の戦略の一部だったと語った。

idnfinancials.comのデータによると、PALMは以前、Garibaldi Thohir氏を含め、何名かの投資家からPT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の株式を取得した。PALMの貰った追加資本金全額は何名かの投資家にMBMAの株式取得を返済する為、使途された。

「当社はその取引は事業持続を妨害させないと考えます。」とPALMの経営陣は公式声明を通じて、説明した。

本日の初期取引セッションでPALMの株価は一株当たりIDR 464、4ポイント又は0.87%上がった。しかし、2024年頭以降、それは157.24ポイント又は25.31%下がった。 (NR/KR/LM)