PANI - PT. Pantai Indah Kapuk Dua Tbk

Rp 5.075

+125 (+3,00%)

【ジャカルタ】PT Pantai Indah Kapuk Dua Tbk (PANI)はIDX80指数の63位に立ったPT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)を入れ替えた。PTPPは80発行者を含むIDX80指数の68位に下がった。

2024年4月25日(木)に引用されたインドネシア証券取引所(IDX)のデータによれば、主要評価後、13.61%の自由浮動比率を持つPANIはIDX80の銘柄構成となった。そして、PANIの株数は21.2億株を、重量率は0.64%を記録された。銘柄構成と計算指数の発効日は2024年5月2日〜7月31日、行なわれる。

IDX80指数の68位に下がったPTPPは48.8%の自由浮動比率を記録した。評価前後、PTPPの株数は30.2億株に安定し、重量率は0.08%に留まった。

2024年3月現在、PANIの全株は156.2億株を記録される。PT Multi Artha Pratama (MAP)はPANIの89.2%株を支配している。そして、大衆投資家はPANIの10.8%株を所有している。PANIは2021年中旬にサリム・グループとアグン・セダユグループにより取得された後、大きくなった。

複数の企業行動を行った後、PANIの業績は上昇傾向を見せ続けた。2023年末に第2株主割当発行を通じて、PANIは不動産業と新土地の7子会社を増やす為、使途されたIDR 10.5 trillionを得た。土地銀行は1,607ヘクタールに及ぶ。 (NR/LK/LM)