BFIN - PT. BFI Finance Indonesia Tbk

Rp 810

-70 (-7,95%)

【ジャカルタ】最大の時価総額を持つ消費者金融会社、PT BFI Finance Tbk (BFIN)は2024年第1四半期にIDR 361.44 billionの純利益を記録した。

純利益は2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期に前年比、28.9%低下した。それは2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 1.55 trillion、前年比、5.6%低下した収益通りであった。

BFINの金融担当重役、Sudjono氏が2024年第1四半期に大統領選挙やラマダンなど様々なイベントを持つ経済成長はかなりダイナミックだったと認めた。これは資産の質と事業基本を維持する為、信用を流通する事にBFINをより保守的にさせた。

「これは様々な適応や最新金融システムとサービスを行う努力通りです。」とSudjono氏は公式声明を通じて、述べた。

情報上、慎重な戦略は2024年第1四半期にBFINの総不良債権比率を1.24%に、純不良債権比率を0.23%に増加させた。これは2.55%の産業の平均不良債権とは遥かに異なる。

2024年第1四半期に流通された融資ポートフォリオは運転資本を満たす為、生産的部門により支配されていた。一方、投資融資セグメントは20.1%を、多目的融資セグメントは18.7%を、シャリーアベース融資セグメントは3%を記録された。 (NR/KR/LM)