TPMA - PT. Trans Power Marine Tbk

Rp 710

-15 (-2,07%)

【ジャカルタ】PT Trans Power Marine Tbk (TPMA)の2023会計年度の配当金は2022会計年度に比べ、25%伸びた。それは40.80%伸びた帰属利益通りであった。

2024年4月29日(月)に引用された情報開示において、TPAMの会社秘書役、Rudy Sutiono氏が当社はIDR 196.67 billion又は一株当たりIDR 75の2023会計年度の配当金を流通したと語った。現金配当額は2024年4月26日に開催された年次株主総会の決定通りである。 

配当金はIDR 118 billion又は一株当たりIDR 45の2023会計年度の配当金とIDR 78.67 billion又は一株当たりIDR 30の2023会計年度の中間配当を含む。

なお、株主はUS$ 19.69 millionの帰属純利益を、US$ 59.25 millionの利益剰余金を、US$ 92.52 millionの純資産合計をも許可した。

通常市場と折衝市場の配当付き落ちは2024年5月7日〜8日、行なわれる。そして、現金市場の配当付き落ちは2024年5月13日〜14日、行なわれる。配当払いは2024年5月28日に行なわれる。

2023年に、TPAMはIDR 157.99 billion又は一株当たりIDR 60の2022会計年度の配当金を設定した。そして、帰属純利益はUS$ 13.98 millionを、利益剰余金はUS$ 3.24 millionを、純資産合計はUS$ 88.83 millionを記録された。 (NR/LK/LM)