TRIS - PT. Trisula International Tbk

Rp 188

+4 (+2,00%)

【ジャカルタ】2023年12月末まで、前年比、5.7%伸びた純利益を記録した後、PT Trisula International Tbk (TRIS)は今年、前年比、30%伸びる利益を記録できると楽観的である。

本日2024年4月29日に年次公開暴露でTRISの経営陣の発表によれば、TRISの純利益は2023年にIDR 68.2 billion、前年比、5.7%伸びた。しかし、収益はIDR 1.5 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 1.47 trillion、前年比、1.7%低下した。

「TRISは世界的経済混乱の為、僅かに低下した輸出売上によって安定な成長を記録しました。」とTRISの経営陣は述べた。輸出市場の最大の貢献者は38.88%の2022年に比べ、2023年に34.29%低下した米国であった。

事業セグメントに関して、2023年に、62%を貢献した製造セグメントは売上高を支配した。そして、小売セグメントは7%の2022年に比べ、2023年に9%伸びた。制服セグメントは7%の2022年に比べ、2023年に9%伸びた。

それだけではなく、除却前純利益に貢献した小売セグメントは21%の2022年に比べ、2023年に64%伸びた。それによって、TRISはパンデミックの後、店に買い物に来る顧客数が増えるにつれ、2024年に特に、オフライン販売を通じて、小売販売をさらに高める。

「我々は市場の存在を強化する為、ポイントオフセール又はPOS数を増やす予定です。」とTRISのマーケティング担当重役、Kartono Budiman氏は述べ続けた。注力されるブランドは上中産階級を対象とされる「JOBB」と「Jack Nicklaus」である。

「我々は目指される事を達成する為、この(POS)成長を達成できると楽観的です。」とBudiman氏は述べ続けた。情報上、TRISは2024年に前年比、10%伸びる収益を、前年比、30%伸びる純利益を目指している。 (NR/ZH/LM)