CNMA - PT. Nusantara Sejahtera Raya Tbk

Rp 204

0 (0%)

【ジャカルタ】「Cinema XXI」映画館を経営する会社、PT Nusantara Sejahtera Raya Tbk (CNMA)は2024年第1四半期に前年比、701.7%急上昇した純利益を記録した。それは2024年3月末にCNMAにIDR 154 billionの純利益を記録させた。

急上昇した利益はIDR 883.3 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 1.3 trillion、前年比、47.6%伸びた収益が支援された。

「63.4%を貢献した映画館チケット販売の収益は最高の貢献者となったままです。そして、飲食業は33%を貢献しました。」とCinema XXIの取締役社長、Suryo Suherman氏は本日2024年4月30日に公式リリースを通じて、述べた。

視聴者数は2024年第1四半期に2,110万名にも上昇した結果、チケット販売はIDR 825.8 billionを記録された。一方、飲食販売はIDR 429.7 billion、38.3%も伸びた。

2024年に、Cinema XXIは粘り強く塊状な展開を継続するようである。「我々は2024年にインドネシアの都会やカブパテン中に広がる100新たな上映を増やす事を目指します。」とSuherman氏は付け加えた。

情報上、CNMAの公式リリースによれば、2024年3月現在、Cinema XXIはインドネシア全土の61市で1,301上映を持つ244軒の映画館を運営している。 (NR/ZH)