BUAH - PT. Segar Kumala Indonesia Tbk

Rp 1.600

0 (0%)

【ジャカルタ】2023年にIDR 1.78 triliun、前年比、28.7%伸びた収益を記録した後、果物・冷凍養鶏卸売会社、PT Segar Kumala Indonesia Tbk (BUAH)は2023年12月までIDR 2 trillion、前年比、12.3%伸びる売上高を目指す。

BUAHの取締役社長、Renny Lauren氏の声明によれば、本日2024年5月2日に2024年公開暴露の間に、BUAHは2024年4月に2軒の新支社開通を完了したばかりである。

「2024年4月まで、我々はプカンバルとサマリンダで400トンの倉庫容積及び2台の冷蔵トラックを持つ新支社を開通しております。斯くて、現在、我々はインドネシア全土16支社を持っております。」とLauren氏は説明した。

情報上、2023年に、BUAHはバンカ・ブリトゥンとパレンバンで2000トンの追加倉庫容積を持つ2新支社をも開通した。「我々は毎年少なくとも2軒の支社を開通する事を目指します。」とLauren氏は述べた。

2024年4月現在、7,905トンの倉庫容積、88台の冷蔵トラックを持つBUAHはIDR 48 billion、前年比、23.7%伸びた純利益をも目指す。

BUAHは今年、業績を高める為、内部現金から取られるIDR 16 billionの設備投資を割当てる。「我々は冷蔵倉庫を設立する為、約IDR 10 billionを割当てます。そして、そのIDR 4 billionは冷蔵トラックの為、その残りはオフィス在庫ニーズの為、割当てられます。」とLauren氏は付け加えた。

Lauren氏が2024年3月末まで、BUAHは今年の設備投資の10%又はIDR 1.6 billionを実現したと語った。 (NR/ZH)