CLEO - PT. Sariguna Primatirta Tbk

Rp 1.260

+40 (+3,00%)

【ジャカルタ】Tanobelグループが所有されるペットボトル飲料水メーカー、PT Sariguna Primatirta Tbk (CLEO)は2024年第1四半期にIDR 115.3 billionの連結純利益を記録した。

純利益は2023年第1四半期に比べ、前年比、92.5%伸びた。情報上、CLEOは2023年第1四半期にIDR 59.9 billionのみの純利益を記録した。

増えた純利益はIDR 455.5 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 626.5 billion、前年比、38 %伸びた連結売上高が支援された。CLEOはこの成長はCLEOをインドネシアで最高の工場を持つペットボトル飲料水メーカーにさせる31以上の飲料水工場を通じて、促進されると考える。

「この実績は常に、毎年二桁伸びる売上高と純利益を目指している当社の期待通りです。」とCLEOの最高経営責任者、Melisa Patricia氏は公式声明を通じて、述べた。

2024年第2四半期に上昇傾向を促進する為、複数の戦略を行い続ける。「これを支援する為、2024年に、CLEOは再び、工場かつ流通ポイントを展開する計画を立てます。」とPatricia氏は付け加えた。

CLEOは二つ戦略を実現する為、IDR 450 billionの投資額を用意した。それはパル、ポンティアナック、プカンバルで新工場を建てる為、使途される。なお、CLEOは機械容積を高め、流通ネットワークを展開することによって既存の工場をも展開する。 (NR/KR/ZH)