SUNI - PT Sunindo Pratama Tbk

Rp 472

-2 (-0,42%)

【ジャカルタ】2024年に入り、たった3ヶ月であったが、PT Sunindo Pratama Tbk (SUNI)は2024年の純利益目標の30%を達成し、2024年3月末まで、IDR 33.37 billionの純利益を記録した。

純利益はIDR 19.8 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 33.37 billion、前年比、68.6%伸びた。増えた純利益は2024年第1四半期にIDR 162.7 billion、前年比、15.1%激増した収益が支援された。

2023年第1四半期と同様、SUNIのトップ商品、油井管製品(OCTG)の売上高は2024年第1四半期の売上高の最高の貢献者に留まった。それはIDR 159.62 billionを記録され、前年比、26%伸びた。OCTGチューブ売買高は2,853トンを、OCTGケーシング売買高は1,562トンを記録された。

情報上、今年頭にSUNIが設定されたOCTGチューブとOCTGケーシングの売買高は夫れ夫れ20,000と8800トンに及んだ。

しかし、坑口とクリスマスツリーの売上高はIDR 11,34 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 850 millionに大幅に減少した。その売買高は22ユニットのの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期に2ユニットにも低下した。一方、今年、この商品の売買高目標は98ユニットに及ぶ。

「現在、殆どの坑口とクリスマスツリーは完成過程に入っております。それは第2四半期に増えるように、期待されます。」とSUNIの最高執行責任者、Bambang Prihandono氏は本日2024年5月7日に2024年第1四半期の記者会見で述べた。

今年、SUNIはIDR 109.3 billion、前年比、8.3%伸びる純利益を目指す。そして、収益はIDR 923 billion、前年比、20.7%大幅に伸びると予想される。

その目標を達成する為、SUNIはIDR 327.4 billionの設備投資を容易している。殆どの設備投資はバタムの子会社、PT Rainbow Tubulars Manufature (RTM)の工場2の展開の為、割当てられる。 (NR/ZH)