TEBE - PT. Dana Brata Luhur Tbk

Rp 680

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】石炭運搬に注力するPT Dana Brata Luhur Tbk (TEBE)は石炭産業不振の為、2024年第1四半期に前年比、42.3%大幅に低下したトップラインの収益を記録した。

2024年第1四半期にIDR 97.3 billionの収益を記録し、IDR 168.7 billionの2023年第1四半期に比べ、低下した。

「減収は下がったトン数や下がった顧客予定者数が原因です。」とTEBEの金融担当重役、Yudo Wijayanto氏は本日2024年5月8日に2024年次公開暴露で述べた。

なお、Wijayanto氏が石炭値下げは現在、トン当たりUSD 109.77に及び、それは港サービスの価格を減らさせたとも認めた。

2024年第1四半期の財務報告書によれば、港サービスセグメントはIDR 90.7 billion又は93%を貢献した。

そして、レンタルサービスセグメントはIDR 6.6 billion又は7%を貢献した。一方、道路サービスセグメントは2024年第1四半期に何も貢献しなかった。

石炭産業不振はTEBEに多様化を行わさせざるを得ない。TEBEの取締役社長、Dian Heryandi氏によると、最も近い将来の多様化計画は珪砂産業への多様化だそうである。

「次の検討は完了されていなくても、完了されなければならない幾つかの法的様相があります。基本的に、それはほぼ40%進歩しております。」とDian氏は付け加えた。

それに、再生可能エネルギー産業の傾向通り、再検討されているバイオディーゼル産業と炭素クレジット産業を通じて、クリーンエネルギーに係わる計画もある。 (NR/ZH)