DNAR - PT. Bank Oke Indonesia Tbk

Rp 73

+1 (+1,37%)

【ジャカルタ】PT Bank Oke Indonesia Tbk (DNAR)は2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期に低下した利益にも拘らず、今年末までIDR 30.04 billionの純利益目標を達成できると楽観的である。2023年にIDR 28.65 billionの純利益を記録し、IDR 13.21 billionの2022年に比べ、増加した。

本日2024年5月15日に開催された年次株主総会後、PT Bank Oke Indonesia Tbk (DNAR)の取締役副社長、Hendra Lie氏が純利益は2024年第1四半期にIDR 4.31 billionを、純利子所得はIDR 142.10 billionを記録されたと語った。

DNARは2024年末まで、前年比、7.65%伸びる総資産を、前年比、11.75%伸びる第三者資金を、4.85%伸びる純利益を、46.14%伸びる自己資本比率、5.82%伸びる資金利鞘を目指す。

信用流通は2024年第1四半期にIDR 8.44 trillionを記録され、IDR 7.96 trillionの2023年第1四半期に比べ、前年比、6.08%伸びた。DNARは2024年末にIDR 9.5 trillion、前年比、11.40%伸びる信用流通を目指す。

年次株主総会で、DNARは資本構成を強化する為、一般準備金と利益剰余金として純利益を割当てる事にも合意した。「当社は未だ2023年〜2024年の配当流通を予定しておりません。」とLie氏は付け加えた。

情報上、2023年第1四半期に、DNARの純利益はIDR 5 billionを、収益はIDR 139.73 billionを記録された。(NR/LK/ZH)