SRTG - PT. Saratoga Investama Sedaya Tbk

Rp 1.290

-5 (-0,39%)

【ジャカルタ】Erwin Soeryadjaya氏とSandiaga Uno氏により設立された投資会社、PT Saratoga Investama Sedaya Tbk (SRTG)は一株当たりIDR 22の配当金流通を発表した。

2024年3月まで、上場された株数は130億株に及んだ。2023会計年度の配当金額はIDR 298.43 billionに及んだ。

詰まり、2024年5月16日(木)に13時30分に約一株当たりIDR 1,550のSRTGの株価を参酌し、2023会計年度の配当性向は1.4%伸びに及んだ。

情報上、2023会計年度の一株当たり配当金は一株当たりIDR 75の2022会計年度に比べ、下がった。この割当はIDR 4.6 trillionの純利益を記録された2022年に比べ、2023年12月末にIDR 10.2 trillionに膨らんだ純損失通りであった。

「それは商品市場の揮発度の最中に縮減したADROとMDKAの株価が引き起こされました。」とSRTGのインベスターリレーションズ、Ryan Sual氏は公開暴露を通じて、述べた。

流通される配当金と違い、2023年に配当所得はIDR 2.8 billionに及び、最高の記録となった。配当所得のほぼ80%はIDR 2.1 billionを貢献したPT Adaro Energy Indonesia Tbk (ADRO)によるものであった。

情報上、配当金流通は2024年5月16日(木)に開催された年次株主総会の結果通りである。配当金流通だけではなく、年次株主総会は7500万株を買い戻す計画をも話し合った。

しかし、驚くべきことに、SRTGの経営陣が買い戻し計画を取り消すと認めた。「その決定は金融庁との話合い結果通りです。」とSRTGの投資担当重役、Devin Wirawan氏は更なる理由を述べず、説明した。 (NR/ZH)