PALM - PT Provident Investasi Bersama Tbk

Rp 384

-12 (-3,03%)

【ジャカルタ】Provident CapitalとSaratogaグループの所有される投資持ち株会社、PT Provident Investasi Bersama Tbk (PALM)はIDR 80.61 billionの予算で買い戻しを行う。

その予算で、買い戻される株数はPALMの全発行・払込資本の1.03%に等しく、1億6,200万株に及ぶ。

買い戻しは臨時株主総会の許可を貰った後、12ヶ月までに徐々に行なわれる。この臨時株主総会は2024年6月26日にジャカルタで開催される予定である。

PALMの経営陣がその企業行動は株主の価値や株式業績を増やす為、行なわれると語った。「かくして、それは効率的な資本構成を達成する為、資本を管理する当社に大きな融通性を与えます。」とPALMの経営陣は公式声明を通じて、述べた。

買い戻しはインドネシア証券取引所(IDX)の取引セッションを通じて、行なわれる。買い戻しに関して、PALMはブローカーとしてPT Indo Premier Sekuritasを任じている。

買い戻しの為、使途される資金源は内部現金によるものである。PALMは十分な内部資金を持っている為、この決定はPALMの収入や利益の業績に影響を与えないと考えられる。 (NR/KR/ZH)