TMPO - PT. Tempo Inti Media Tbk

Rp 69

-3 (-4,00%)

【ジャカルタ】ニュースやデータプレゼンテーション変換は将来にTempoの新たな注力となる。こうして、Tempoはニュースをより魅力的でアクセスしやすい形で提示する為、様々な動画やポッドキャストコンテンツを開発し続ける。

年次株主総会の間に、PT Tempo Inti Media Tbk (TMPO)の取締役社長、Arif Zulkifli氏がデータプレゼンテーション変換は明らかになり、例えば、YouTubeで何百万人もの視聴者を成功に魅了したBocor Alus Politikポッドキャストだと説明した。

TMPOは2022年に記録されたIDR 1.17 billionの損失から状況を成功にひっくり返し、2023年にIDR 1.5 billionの利益を記録したにも拘らず、2024年5月21日(火)に開催された年次株主総会は配当金を流通しない事に合意した。

しかし、金融庁(OJK)の規定通り、利益は準備金としてIDR 100 millionを、留保利益として残りIDR 1.4 billionを割当てられる。

2023年中、Tempoは積極的な業績を記録した、収入は2023年にIDR 216.8 billionを記録され、IDR 211.1 billionの2022年に比べ、IDR 5.7 billion又は前年比、2.7%伸びた。

Zulkifli氏によると、積極的な2023年業績の成功の鍵は生産性と商品品質を維持し、支援事業サービスを強化しながら、業績改善とコスト効率だそうである。「良好な国家的経済成長は当社の事業活動にも影響を与えました。」とZulkifli氏は本日2024年5月21日にジャカルタで開催された年次株主総会の間に付け加えた。

詳細的に、増えた収入はIDR 8.4 billionに増加した循環収入・Tempo雑誌広告の貢献、IDR 5.7 billionを貢献したTempo.co、IDR 11 billionを貢献したイベント主催、IDR 1.8 billionを貢献したクリエイティブプロダクションハウス、IDR 200 millionを貢献したTV Tempo、IDR 8.9 billionを貢献したRombak Mediaが支援された。

一方、下がった収入はIDR 22 billionを記録した印刷商品の販売、IDR 1.4 billionを記録した循環・Tempo新聞広告、IDR 6.7 billionを記録した紙販売に発生した。有難い事に、売上原価はIDR 2 billionに低下したが、経営費はIDR 3.2 billionに膨らみ、一般管理費はIDR 5.5 billionにも増加した。 (NR/AM/ZH)