MKAP - PT. Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk

Rp 364

-28 (-7,00%)

【ジャカルタ】2024年5月29日(水)に開催された年次株主総会の結果通り、PT Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk (MKAP)は運転資本としてIDR 32 billionの2023年の全純利益を割当てると決める。

本日2024年5月29日に開催された年次公開暴露の間に、MKAPの取締役会は2024会計年度にIDR 30 billionの設備投資を用意すると語った。しかし、MKAPの取締役会はその設備投資の資金源の60%〜70%は外部貸付の為、使途されるとも語った。

「外部の資金源はUOB Bankとの投資信用によるものです。」とMKAPの取締役、Daniel Handoko氏は述べた。MKAPの取締役は運営上活動の運転資本の為、莫大な資金を必要とすると認めた。

「有難い事に、我々は私営銀行と国営銀行の両方との長い付き合いを築いております。よって、低い金利を得る可能性があります。」とDaniel氏は付け加えた。

IDR 30 billionの設備投資の中でIDR 10 billionはチーテルップの最新工房フェーズ2用試作道具や貯蔵を取得する為、割当てられる。MKAPの取締役社長、Eric Handoko氏によると、当社はIDR 6 billionの予算でドゥリで新工房を設立する予定もあるそうである。

「その残りは重機と運用車両を取得する為、準備金として割当てられます。」とEric氏は付け加えた。

2024年第1四半期まで、収入はIDR 79.7 billionを、純利益はIDR 15.5 billionを記録された。詰まり、MKAPはIDR 400 billionを設定された2024年の収入目標の20%を達成している。

今年、行われる複数の主要な案件は目標の23%を齎らすバタンのスクリューポンププロジェクトやPertamina Hulu Rokanの噴射ポンププロジェクトを含める。なお、今年の契約目標の約24%を齎らすPertagas、Elnusa、PGAS Solutionからのプロジェクトもある。

「我々は今年は良い年になると大変楽観的です。しかし、全ては当社の業績と配送次第です。」とEric氏は述べた。

株式業績に関して、MKAPは2024年5月20日まで273.91%上昇した好調な株式業績を見せた。株価は2024年2月12日に新規株式公開の間に一株当たりIDR 115から一株当たりIDR 430に急上昇した。 (NR/ZH)