BATA - PT. Sepatu Bata Tbk

Rp 67

-1 (-1,49%)

【ジャカルタ】「Bata」と言う有名な靴ブランドを持つインドネシアの最古の履物メーカー、PT Sepatu Bata Tbk (BATA)は2024年第1四半期にIDR 13.85 billionの損失を記録した。

2024年第1四半期の損失は過去4年以内に記録された連続損失記録に加わった。2020年に損失はIDR 177.76 billionを、2021年にはIDR 51.21 billionを、2022年にはIDR 105.92 billionを、2023年にはIDR 190.29 billionを記録された。

2024年第1四半期の損失はIDR 136.09 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 113.46 billion、前年比、22.63%低下した売上高が引き起こされた。

なお、その他経費は2024年第1四半期にIDR 1.78 billionを記録され、2023年第1四半期に比べ、前年比、187.1%膨らんだ。金融費は2024年第1四半期にIDR 9.05 billion、前年比、507.38%も急上昇した。

以前、IDNFinancialsが報告されたように、BATAは西ジャワ州のプルワカルタ工場の運営上活動を停留したばかりであった。30年以上、運営されていたその工場は消費者の需要が下がった為、2024年5月頭に閉鎖された。

その工場閉鎖の財政的影響はBATAの2024年第2四半期財務報告書に記される。

2024年頭以降、BATAの株価は一株当たりIDR 66、74ポイント又は52.86%下がっていた。過去1年以内に、それは539ポイント又は89.09%下がった。 (NR/KR/ZH)