BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 85

+1 (+1,00%)

【ジャカルタ】長期的に低く記録された後、2022年12月28日(水)に、やっと純対外の取引量は積極的に記録された。純対外買は16.4億株を、純対外売の株量より95,504,300株高かった。興味深い事に、外国投資家はPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の8億4275万株を売却した後、今回、GOTOは2億151万株の純株量を記録した。

GOTOだけではなく、トップバイリストに入った他の発行者の純株量も大幅に記録されなかった。外国投資家はPT Ace Hardware Indonesia Tbk (ACES)の5521万株を購入したが、ACESの純株量は1610万株を記録された。そして、外国投資家はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の4614万株を購入し、BUMIの純株量は1233万株を記録された。外国投資家はPT Bukalapak.com Tbk (BUKA)の2941万株を、PT Habco Trans Maritima Tbk (HATM)の1557万株を購入した。

今回、2社の国有企業は対外売において最低の純株量を記録した発行者になった。外国投資家はPT Telkom Indonesia (Persero) Tbk (TLKM)の5662万株を、PT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)の8632万株を売却した後、その両社はマイナス2500万株以上の純株量を記録した。その上、外国投資家はPT Bakrie & Brothers Tbk (BNBR)の2302万株を、PT Adaro Energy Indonesia Tbk (ADRO)の3117万株を、PT Astra International Tbk (ASII)の2353万株を売却した。その3社は1100万株~1400万株の純株量を記録した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、純対外に関するニュースをご覧下さい!