BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 84

-2 (-2,00%)

【ジャカルタ】2023年1月3日(火)に、純対外買と純対外売の取引量は前日に比べ、20億株以上、400%伸びた。正確に、外国投資家は20.4億株を購入し、20.8億株を売却し結果、その純株量はマイナス4725万株を記録された。外国投資家はPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の1,146,690,700株を大幅に売却した為、GOTOの株式は注目を浴び、その純株量はマイナス2億1021万株を記録された。

外国投資家は別の発行者の株式をも売却したが、GOTOのように同じ株量ではなかった。PT Ace Hardware Indonesia Tbk (ACES)の8723万株を売却した結果、ACESの純株量はマイナス7429万株を記録された。外国投資家はPT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の6087万株を売却し、GIAAの純株量はマイナス5572万株を記録された。そして、外国投資家は株式を購入せず、PT Wilton Makmur Indonesia Tbk (SQMI)の2616万株を、PT MNC Energy Investments Tbk (IATA)の4663万株を売却し、IATAの純株量はマイナス1459万株を記録された。

それに比べ、トップバイリストはかなり安定し、その純株量は約3000万株を記録された。外国投資家はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の7964万株を最高に購入し、BUMIの純株量は3281万株を記録された。しかし、PT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)とPT Barito Pacific Tbk (BRPT)は3800万株の最高の純株量を記録した。報告によると、外国投資家はBRMSの4496万株を、BRPTの4036万株を購入した。そして、外国投資家は十分に興味を持たれた医療機器会社、PT Jayamas Medica Industri Tbk (OMED)の3429万株を、PT Buana Lintas Lautan Tbk (BULL)の3256万株を購入した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、常に純対外に関する最新情報をご覧下さい!