BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 78

-2 (-2,50%)

【ジャカルタ】2023年2月1日(水)に、対外の取引量は422,191,300株を積極的に終わった。対外買の株量は23.5億株を、対外売の株量は20億株以下、19.2億株を記録された。PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の株式は再び、6億5657万株の最高の対外買を記録した株式であった。そして、その純株量は2億6806万株を最高に記録された。

GOTOだけではなく、外国投資家はPT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)の1億2871万株を、PT Wulandari Bangun Laksana Tbk (BSBK)の1億1685万株を購入した。BBRIは5700万株の純株量を、BSBKは8400万株の純株量を記録した。外国投資家はPT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)の6950万株を、PT Surya Citra Media Tbk (SCMA)の6133万株を購入した。BRMSの純株量は5678万株を、SCMAの純株量は4329万株を記録された。

一方、外国投資家はPT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の1億2070万株を売却した後、GIAAの株式はトップセールに立った。GIAAの純株量はマイナス7905万株量を最低に記録された。一方、外国投資家はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の1億5091万株を売却したが、BUMIの純株量は約マイナス2775万株を記録された。

そして、外国投資家はPT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)の6932万株を、PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk (AMRT)の6465万株を売却した。ENRGはマイナス6600万株の純株量を、AMRTはマイナス2700万株の純株量を記録した。最後に、外国投資家はPT Wir Asia Tbk (WIRG)の4081万株を売却し、WIRGの純株量はマイナス3775万株を記録された。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、純対外に関する新情報をご覧下さい!