ARNA - PT. Arwana Citramulia Tbk

Rp 680

-5 (-0,75%)

【ジャカルタ】過去2年間以内に堅実な生長を記録した後、PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)は今回、慎重に動き、2023年末にIDR 631.58 billion、前年比、9.6%伸びる純利益を目指している。その上、配当金として2022年の純利益の70%を投資家に流通する。

「この業績予測は2022年第4四半期に立てられました。市場の活動が衰退した為、当時、売上は低下しました。」とPT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)の最高財務責任者、Rudy Sujanto氏は2023年3月9日(木)にARNAの年公開暴露の間に説明した。

Sujanto氏によると、ARNAは2023年末に7010万平方メートルのセラミックの売買高を目指すそうである。しかし、Sujanto氏は2023年下期に市場が立ち直る場合、当社は配布される準備ができている650万平方メートルのセラミックを所有していると述べた。「したがって、市況が向上する場合、その予測される売買高は7400万〜7450万平方メートルに増加するでしょう。当社の純収入はIDR 675 billion、前年比、17%も伸びるでしょう。」とSujanto氏は付け加えた。

その上、Sujanto氏が2022年に、ARNAの売買高は前年比、1.6%低下したと語った。その収入は前年比、1.2%微増した。しかし、万平方メートル当たりIDR 37,731の2021年に比べ、2022年に万平方メートル当たりIDR 38,831、前年比、2.9%伸びた平均売価の為、2022年の収入は安定に留まった。

情報上、ARNAは2022年にIDR 576.2 billionの純利益を記録した。その純利益は22.4%伸びた後、株主は2023年3月末に一株当たりIDR 55の配当金を流通する決定にも合意した。その数字は2022年の全純利益の70%に等しい。 (NR/ZH)