OMED - PT. Jayamas Medica Industri Tbk

Rp 199

-3 (-1,00%)

【ジャカルタ】「One Med」と言うブランドを持っている医療機器製造業者、PT Jayamas Medica Industri Tbk (OMED)は2022年にIDR 285.78 billionの純利益を記録した。

その数字は2021年に比べ、2022年に前年比、49%低下した。2021年に、当社はIDR 562.69 billionの純利益を記録した。

2022年に減ったその純利益はIDR 2.23 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 1.74 trillion、前年比、21.9%減少した売上高が引き起こされた。

近時、リリースされた財務報告書によれば、殆どのOMEDの売上高はIDR 1.13 trillionを貢献した医療使い捨て・消耗品の売上高が支援された。そして、消毒剤・透析療法の売上高はIDR 227.9 billionを、診療製品・機器の売上高はIDR 253.08 billionを、バイオテクノロジー・ラボラトリーの売上高はIDR 66.2 billionを、病院機器の売上高はIDR 27.95 billionを、歩行器・リハビリ介護の売上高はIDR 37.7 billionを、その他製品はIDR 102.98 millionを貢献した。

殆どのOMEDの製品はIDR 1.73 trillionの売上高を貢献した国内市場に配布された。一方、輸出市場はIDR 1.61 billionの売上高を貢献した。

IDNFinancialsのデータによると、ジョコ・ウィドド氏は2022年12月30日以降、インドネシアの全ての地域の公共活動制限強制政策を正式に破棄した。それは百万人当たり1.7事件に減少しただインドネシアのCOVID-19事件の後、行なわれた。 (NR/KR/ZH)