NISP - PT. Bank OCBC NISP Tbk

Rp 1.205

-35 (-2,82%)

【ジャカルタ】専門家は米国と欧州の銀行業危機は老功で安固な国内金融規制のお蔭で、インドネシアの財政状態に小さな影響を与えると合意する。

「Silicon Bank Valleyは遠過ぎ、インドネシアの企業ユーザーはほんの少ないです。米国とインドネシアの金融環境も異なります。」とPT Digiasia Biosの最高経営責任者兼Indosat Ooredooの元最高経営責任者、Alexander Rusli氏は本日(2023年3月21日)、2023年OCBC NISPビジネスフォーラムの間に説明した。

Rusli氏が米国の市場は国内財政状態をより安定させ続けるインドネシアに比べ、融通がきく方だと語った。「皆さんがご存じの通り、インドネシアは1997年に大きな経済破綻に直面しました。それ以来、我々はより厳格になりました。」とRusli氏は付け加えた。

OCBC NISP Venturaの常務取締役、Darryl Ratulangi氏はRusli氏の意見に賛成した。「なぜ我々の規制当局はそれほど厳格なのかを思う疑問がよくあります。しかし、こういうときに、それは有用であることが判明しました。」とRatulangi氏は述べた。

Credit Suisseに対する現状の世界的な悪情意に関して、OCBC Sekuritas Indonesiaの研究所長、Budi Rustanto氏が現在、アジア市場の流動性水準は未だ十分に維持されていると語った。「今のところ、その危機は米国と欧州のみに影響を与えます。あまり懸念する必要はありません。」とBudi氏は述べた。Rusli氏が世界的銀行として、資金流通は国内市場に影響を最小限するように、かなり厳格な越境規制に直面しなければならないと更なる説明した。

現在、欧米の銀行業危機は主に発生し、銀行に対する顧客の信頼不足の為、お金を高額に出金し、銀行破綻の形で恐慌の動きを誘発した。「したがって、銀行にとって、このような出来事を妨げる為、顧客の信頼を得なければなりません。」とRatulangi氏は結論付けた。 (NR/ZH)