CCSI - PT. Communication Cable Systems Indonesia Tbk

Rp 396

+4 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Communication Cable System Indonesia Tbk (CCSI)は2022年にIDR 615.3 billionの売上高を、IDR 50.1 billionの純利益を記録し、2022年頭に設定された目標を超えた。好調な業績にも拘らず、取締役会は2023年に事業に影響を与え続ける外部要因を考慮するのが実現的にならなければならないと認めた。

2022年にCCSIの収入は約46%伸びた一方で、その純利益は29%伸びた。「2020年に、当社の業績は実は低下しました。パンデミックの為、妨げられた需要は2021年〜2022年、実現されました。よって、当社の業績は立ち直りました。」とCCSIの取締役副社長、Sukarnen氏は当社の業績の現状進歩に関して説明した。

しかし、2022年に、二桁伸びたトップラインとボトムラインを記録した後、経営陣は2023年に一桁生長のみを目指す。当社はIDR 50 billionに増加するボトムラインをも目指す。Sukarnen氏は現在、世界的状態のインフレの均等な圧力だと主張した。「その上、我々は今年、商業化公認に影響を与える可能性がある政治年に入っております。」とSukarnen氏は更なる説明した。

CCSIは2022年にジャワ、バリ、ラブアンバジョ、マカッサル、カリマンタン、タキスン、ジャワに戻る4,000キロメートルの長さを持っている大規模な海底通信ケーブルネットワークを扱うPT Varuna Cahaya Sentosaと言う合弁会社を開設したと知られる。この合弁会社はCCSIとPT NAP Info Lintas Nusaが開設された。

CCSIのプロジェクトは民間セクターが支配される。「約17%のみは国有企業とその子会社によるものでした。」とCCSIの販売担当重役、Teuku Zulfikar氏は2023年3月24日(金)にCCSIの公開暴露の間に述べた。 (NR/ZH)