GGRM - PT. Gudang Garam Tbk

Rp 19.950

-25 (-0,13%)

【ジャカルタ】PT Gudang Garam Tbk (GGRM)はIDR 3 trillionの追加資本を子会社の一つ、PT Surya Dhoho Investama (SDHI)に注ぎ込んだ。

その追加資金によって、SDHIの発行・払込資本はIDR 10 trillionの以前からIDR 13 trillionに上昇する。一方、SDHIにおけるGGRMの所有権は99.99%に留まった一方で、SDHIの残り所有権はPT Surya Duta Investamaが所有される。

GGRMの会社秘書役、Heru Budiman氏がその投資は当社が扱われるインフラプロジェクトを支援する目的があると語った。「それはSDHIを通じて、当社が行なわれた東ジャワ州、ケディリの統合空港の建設を支援する為です。」とBudiman氏は情報開示を通じて、説明した。

IDNFinancialsのデータによると、SDHIは2022年9月7日にケディリ空港建設に関する官民連携契約を正式に締結した。その連携において、その資金繰りの100%は民間セクターによるものである。

SDHIはPT Angkasa Pura Iと共に共同運営を行う。この提携はその空港が運営されて以来、今後の50年間以内に有効となる。情報上、その空港プロジェクトは直ぐに完了され、2023年末に運営される予定である。 (NR/KR/ZH)