WSBP - PT. Waskita Beton Precast Tbk

Rp 20

-2 (-9,00%)

【ジャカルタ】PT Waskita Beton Precast Tbk. (WSBP)はIDR 1.52 trillionの261名のベンダーの債務を株式に転換することによって、新株引受権無し増資又は私募を行う計画である。

WSBPの金融リスク管理担当重役、Asep Mudzakir氏がその債務転換は2023年第2四半期か2023年第3四半期に行われると語った。

Asep氏によると、ホモロゲーション契約によって、その転換はそのホモロゲーション契約は2022年9月20日に発表されて以来、一年間以内に有効となるそうである。そのホモロゲーション策によって、WSBPにおけるPT Waskita Karya Tbk (WSKT)の所有権は一年目に28%〜33%に、それは10年間以内に16%〜20%に希釈される。

Asep氏が一年目に、その債務の株式化は特に、ベンダーの債務を株式に転換する事である一方で、債権所有者やその他の金融の債権者の債務の株式化はそれらの債券を入れ替える為、2023年6月に強制転換社債を発行した後、10年間以内に行われると2023年3月27日(月)にWSBPの記者会見を通じて、説明した。

しかし、Asep氏は債権者が合意された事によって、WSKTはWSBPの16%のみ所有権を持っているにも拘らず、WSBPの支配株主としての立場を確保する為、特別な権利を得ると語った。その私募計画は2023年6月7日に開催される株主総会で論議される。 (NR/AM/ZH)